第124回 平成25年2月24日 宮城県南三陸町

泥かき・がれき撤去等 一般38名+リーダー3名

 なんと、桐生到着が25日午前4時半という前代未聞の事態に。
往路は雪が有ったもののほぼ定時に到着、作業も無事に終え、高速の雪情報が入ったことから着替えもそこそこに現地を離れました。ところが、ところが・・・。
 皆さん無事に帰宅されましたでしょうか? 月曜日のお仕事や学校、大変だったのでは?
 「本当に、お疲れ様でした。」
 さて、いただいたお題は、6回目の「上の山」でのガレキ撤去作業でした。風も強く、時折雪が舞う非常に厳しい一日でしたが、誰も手を止めることなくガレキと向き合っていました。ただ、お昼休みには風が止み、春を感じさせる陽の光のなか、ほっこりとお弁当を遣えたのは何よりでした。初めて参加される方も多く、1日の作業では捗り具合が分かりにくいのですが、少しずつではあるもののガレキの無い場所が増えているのは事実です。
 当日は群馬テレビさんの同行取材が入り、インタビューを受けられた方も少なくなかったと思います。まだ放映日等は決まっていないようですが、3月11日の週を予定されているとのことでした。
 さて、震災から2年が経とうとしています。3月11日を前に被災地などがマスコミに取り上げられることが増えてきました。現地の実情がより多くの人に伝わることに異論はありません。ただ、少なくともわたし達は、震災を「季節モノ」にはしたくありません。これからも自分たちのできるかたちで繋がっていきたいと思います。(粟田)


写真をクリックすると大きくなります。


























戻る