2013年2月16日(土) 南三陸町

一般参加者38名+スタッフ2名

参加者38名のうち25名が学生という、普段よりもぐぐっと平均年齢を下げた今回のチーム桐生、前回にひき続き、雪のちらほら舞う”上の山”で瓦礫撤去のお手伝いをさせていただきました。まずはみなさんの素晴らしいご感想から。

日中も気温がまったく上がらず、寒さが痛みとなって体感されるような一日でしたが、カラスにパンを盗まれた以外は大きなハプニングもなく、無事に活動を終えることができました。みな休憩時間さえ惜しんで作業に取り組み、この日、キャンセル待ちのまま参加の叶わなかった方々の分まで頑張ってくることができたのではないかと思います。
今回もわたしたちの活動を支えてくださった全ての方々に厚く御礼申し上げますとともに、桐生Tシャツでわたしたちを出迎えてくれた現地スタッフさん、大学でチラシを配ってこれほど多くの学生さんに参加を呼び掛けてくれたNくん、それから最後にみんなにお菓子を配ってくれたMくん、ありがとう。

こんな感じで、桐生Tシャツでわたしたちを出迎えてくれた現地スタッフさん。


写真をクリックすると大きくなります。























戻る